劇団猿面劇団猿面第13回公演 稽古風景

PRACTICE13

第13回公演 「チェリーの事情 Part2」 稽古風景
稽古期間:2011年11月〜2012年11月

「チェリーの事情 再演」の風景はこちら・・・・・稽古風景  劇場風景

【現在稽古中の風景はこちら】

↓ END


11月4日

11月4日稽古風景最終

「チェリーの事情Part2」稽古風景は、今回で最終回となります。
ご愛読いただきましてありがとうございました。

劇団猿面第13 回公演 「チェリーの事情 Part2」

ここにしかない”チェリー”の世界。長い時間を掛け、たくさんの想いを込めてつくりました。
これまでにいただいた数多くの応援やご期待にお応えできますよう、一同力を合わせて臨みます。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

そして、
公演中の模様・公演後記は・・・
第13回公演劇場風景へ


10月28日

この日を含めて残りの稽古は2回となり、いよいよ押し迫って参りました。
日曜大工が得意な丸ちゃんが、公演時に使用するカラクリ道具を作ってきてくれました。
なぜか毎回カラクリが必要になる猿面の芝居。
この道具も、裏でこっそり使われる予定です。

稽古終了後、たくさんのお客さまのご来場を願い、集合写真を撮影。撮影者はNanaさんです。

そして、次回はいよいよ最後の稽古。おそらく演出家は最高の完成度を求めて来ることでしょう。
役者、スタッフ、皆がんばれ!!健闘を祈ります。


10月21日

南部でリハーサル

10月21日写真

この日は、公演場所の南部青少年センターでリハーサルでした。
朝9時に劇場に突入し、すぐに舞台上で作業開始しました。
おおかまな大道具を並べ、照明、音響も本番に近い形に準備しました。
舞台監督も登場してくれたおかげで、午前中で準備は完了。午後から通し稽古となりました。
●生まれて初めて舞台で芝居をし、度胸を発揮した丸ちゃん。
●実は結構忙しいショーコ。
●照明リーダーゆえ、あれこれ気にしながら芝居を続けるシズカさん。
●本番通りのフトンの寝心地の良さに浸り、本気で寝るんじゃないかと共演者を心配させる野上。
●他の役者の芝居に見入ってしまい、お約束だった野上の着替えの手伝いをすっかり忘れた代表。

いろいろ意義ある通し稽古だったようです。照明オペレーターのNanaさん、裏方スタッフをしてくださるkさんも朝から参加してくれました。本番が迫り来る実感を覚えた一同でした。

10月21日写真

南部を後にしてからは、ファミレスで公演についての打ち合わせでした。
とりあえずおなかを満たしてから、当日の持ち物や、大道具、段取りについて諸々確認し合う一同。

女優陣が手を出さないなか、食後のデザートを食べる男子2人。
朝から腹具合が悪いと言いつつパフェを食べる野上と、迷った挙句に結局パフェを食べる丸ちゃんです。猿面の俳優は、揃って甘党です。


10月14日

本番まで残り一ヶ月を切りました。
毎度のことながら、この時期になるとのんびり稽古風景を撮っている時間はなくなります。
通し稽古が終わると、あっちゃこっちゃに衣装やら小道具やらが散乱した状態になっております。
この日は残り時間が少なくなったため、一同慌てて片づけをしている所です。
比較的早く帰り支度を整えたショーコが撮影しました。
が、誰一人カメラを見る余裕はありません。

来週は、朝から南部青少年センターでリハーサルです。いつも以上の大荷物を持ち込んで、舞台を使っての通し稽古となります。


10月7日

野上の今昔物語

稽古も大詰めとなりましたところで、今回は特別編・今昔物語をお届けします。
「チェリー(=虎之助)」を演じる野上編です。

野上竜司今昔写真1

劇団参加、初の舞台となった「blood−blood」の頃の写真です。
一番若かりし頃ですが、彼が演じた中では最もシブい役からのスタートでした。

野上竜司今昔写真2

その翌年がこちら。・・・なんかズラっぽいですね、この写真。
「チェリーの事情」初演の本編中にスライドで使われた写真です。
銀行マンの頃の虎之助ですね。

この作品で初の女装を披露した野上。公演後、あまりの女装の完成度に、某劇団員は知人から、 「あの人本当にコレ(オカマ)なの?」と、こっそり聞かれたそうです。

野上竜司今昔写真3

2009年「Eden」。

この頃から手先の器用さを買われて、小道具製作「野上工房」の仕事が増加傾向に。
裁縫から紙粘土まで、必要とあらば何でも作ります。

         野上竜司今昔写真4

かと思えば、「しあわせ占い」の稽古中には、蝶結びができないことが発覚。

野上竜司今昔写真5

昨年の「チェリーの事情 再演」では、オカマ姿も堂に入って
本人も周囲もまったく抵抗がなくなりました。

野上竜司今昔写真6

今年のPart2はさらに拍車がかかって、
より妖艶に、より過激になっている様子。
虎之助のその後と合わせて、そちらもぜひお楽しみに。

面倒くさがりの神経質。
器用かと思えば不器用で、驚くほどのクソ度胸、だけど意外にナイーブ。
笑えるような二面性を持ち合わせた野上は、体育会系なのに病弱なので、
年に一回は高熱を発してダウンします。
今年もそれでゴールデンウィークを棒に振りました。

女優陣にいじられているイメージがありますが、その実、逆に代表をいじり倒したり、シズカさんの地雷を進んで踏みに行ったりしている野上。彼女等が「キ〜ッ(憤怒)」と反応するのを楽しむという悪癖を持ち合わせています。
そんな彼ですが、あらゆる特技才能を駆使して猿面を支えている、 貴重な俳優、奇特な存在であることに間違いはありません。


9月30日

台風接近の状況でしたが、稽古日数も残り少ないため、休むわけには行かなかった猿面です。
通し稽古開始前、照明の件で話し合う代表とシズカさん。
演出からの要望を実現すべく、プランを練っているシズカさん。このところ、自宅でもこの作業に追われています。

9月30日写真

舞台を前から照らす照明について、真剣に話し合っている二人。
「このライトは舞台上の、上手(カミテ)側にあてるでしょ?」みたいな話をしているのですが、何せシズカさんの相手は代表です。
話がうまく通じません。ついには、自分たちがライトの位置に立って、お互いの言い分を主張。
「また代表マジックが始まってる」と、かみ合わない会話をする2人を傍観している野上。
はじめは至極難解な話をしているようでしたが、よくよく聞いていると、そうでもない話。

代表の話術が複雑すぎるため翻弄されたシズカさんですが、結局2人の認識は一致していることが判明。
代表と話すときは、時として通訳が必要になります。(主語が無いのは当たり前なので)
常日頃、その通訳はシズカさんが担当することが多いのですが、通訳係さえも惑わすとは、恐るべし代表。


9月23日

南部でリハーサル

この日は公演場所である南部青少年センターでのリハーサルでした。
雨の中、朝から南部に集合した一同。
当劇団の演出家が毎回思いつく演出効果のあれこれを実現できるか、の確認を含めたリハーサルです。
貴重な男手の丸ちゃんは夕方から参加だったため、力仕事を担うのは空手道四段の野上と大関並(?)な力持ちの代表。

2階調光室から照明の操作盤(卓)を二人で運んできました。決して軽いとは言えない、微妙に持ちにくいカタチの機器です。
「どこ持つ?」と、確認し合い息を合わせて持ち上げる二人。1階の舞台まで階段を下りて行かなければなりません。

9月23日写真

「行くぞ」と、いざ階段へと向い出発。廊下でお仕事中の清掃員の方と元気に朝の挨拶をした直後のこと。
  代表 : 待って、待って。ちょっと待って(立ち止まり、モジモジする代表)
  野上 : なんスか、どうしたんですか
  代表 : 手が滑るのよ、一度下ろして〜
一旦機械を下ろす二人。ホールでの作業で軍手は必須アイテムです。
代表も軍手をしていましたが、指先にボチボチのついていないタイプだったため、
  代表 : ダメだわ、コレ。滑っちゃって。
と、軍手を外して今度こそと持ち上げる二人。しかし、なんだか持ちにくいのに業を煮やし、
  代表 : あたし、1人で持てないかな。
と、言い出す代表
  野上 : は?何言ってるんですか、ムリでしょ。
  代表 : そうかな〜
なんて無茶な考えをするのか。きっと私生活でも力に任せて無謀なことをしているに違いないと空恐ろしくなる野上。
そして、階段を下りてホールに到着。
  代表 : あ〜、汗かいちゃったから、手が滑る〜
と言い出す代表。
  野上 : え〜、またなの〜 (どうやっても結局滑るんじゃん。と思っている)
到達点の舞台上まであと少し。がんばれ、あともう少しだ。落っことしたら間違いなくその機械はぶっ壊れる。
急ぐ野上、なぜか牛歩戦術を繰り出す代表。
  野上 : 代表、あの、もうちょっと早く歩けないですか。
  代表 : 歩けるわよ!何言ってんのよ、野上君が後ろ向きだから調整してるのよ。
  野上 : そんな調整要らないです。そんなにゆっくり歩かれたら(引っ張られるので)余計な負荷が掛かるよ。
  代表 : あら〜、そうだったの?ごめんなさいね〜、ヤダ、早く言いなさいよ、

そんなこんなしながら無事、操作盤が着陸。
照明係長シズカさんの指導の元、Nanaさんも操作を確認。
予定よりも早くリハーサルがこなせたので、切り上げて高浜公民館へ移動、通し稽古となりました。

猿面をいつも助けてくれるMASAHIKOさんが、今回もポスターを作ってくれました。
掲示板にもありましたが、そのデカいポスターは南部青少年センターホール前の掲示板に貼っていただくことができました!


9月16日

9月16日写真

シズカさんと丸ちゃんのシーンを稽古中です。ヤラセではなく、ホントに芝居しているところです。

この数ヶ月の稽古を経て、役者同士としてかなり馴染んできた二人です。
丸ちゃんは、一体誰の役なのか。いろいろ想像してみてください。

さて、この日は団員一同が驚くことがありました。

以前も「稽古前にサファリパークに行ってきた」と言って、みんなを驚かせた代表。

なんと、この日は市原の高滝キャンプ場から稽古にやってきました。稽古の為、キャンプを抜けて市内まで舞い戻ってきたのだとか。
キャンプ中であろうとも、稽古に燃える代表。彼女を突き動かしているのは、代表としての責任感なのか、役者魂なのか。いずれにしても、驚きのハードスケジュールです。
そして稽古を終えて、
「じゃ、あたし、キャンプ場に帰るから。」
と、車を飛ばして再びタカタキへとんぼ返り。
ちゃんとキャンプ場まで帰れるか心配していた団員たちに、「無事到着」メールが来たそうです。
代表は、市内→高滝 高滝→市内 市内→高滝をやってのけました。なんという馬力の持ち主。さすが代表、頼もしい限りです。


9月9日

演出からカーテンコールについての正式な指示があったこの日。早速みんなで練習です。

「なに?どうするの?え!?踊るの??」
なんだかわからないまま、練習させられる丸ちゃん。
よりによって先頭ポジションにされちゃってます。

せっかくのPart2なんで、賑々しいカーテンコールにする方針のようです。
本番での息の合った(?)プチダンスをお楽しみに。

そして本日、チラシが出来上がり、団員に手渡されました。
みんなの宣伝活動が活発になります。
チラシの画像は、今月末ごろ最新情報に掲載いたします。


9月2日

9月2日写真

暑い時期、車なのをいいことに、かなりユルい服装で稽古に来る野上。
すててこにランニングという、しょーもない格好で来ることもざらです。
まるで休日の昭和お父さん状態です。公演日が迫り来る時期にも関わらず、緊張感は皆無です。

今回も手間のかかる女装シーンが多い野上。「どうせすぐ衣装に着替える」から、私服を簡略化しているのだとか。パンツ一丁で来ないだけマシだと、すててこを受け入れている団員たち。

そんな野上ですが、この日は珍しくワイシャツにスラックスでした。
(単に稽古前に所用を済ませてきただけの事で、それがなければきっと今日もすててこだったはず)
このところ稽古に来てくれているkさんに、「野上さんがちゃんとしたズボンをはいているのを初めて見た」と言われていました。

オカマ衣装とすててこ以外にちゃんとした服も着ることがある事を知ってもらえた野上でした。


8月26日

8月26日写真

八月最後の稽古日。
時間目一杯の稽古だったため、今回は、帰り際の風景写真です。

代表とショーコと、もう一人は今回の公演に参加してくださるkさんです。
この日は、照明さんも来てくれて猿面にしては大人数の稽古でした。

そして、今回の公演のチラシ原稿が出来上がりました。
テスト印刷した原稿をみんなで確認。どんなチラシか。
刷り上ったら最新情報に掲載しますのでお待ちください。

いつも発注のためのテスト印刷は、野上が担当です。
しかし、今回のチラシを「さあ、印刷するぞ」と思ったら、彼のプリンターがぶっ壊れる事態が発生。
故障原因は不明。ヤツの部屋にはエアコンがないので、暑さでやられたのか。(だとしたら、どれだけ暑い部屋なんだ?)
この印刷のため、ヨドバシでインクを買って来た翌日のことらしいです。努力を試みたものの、復活しないプリンター。
代表に、「印刷が遅れるかも」と、泣きを入れた野上でしたが、壊れた次の日には新たなプリンターをもう買ってきました。
面倒くさがりな彼は、使用できなくなった新品のインクを返品に行くついでに買っちゃったそうです。
そんなことがありながらも、公演準備は例年通りにじわじわ進んでおります。


8月19日

8月19日写真

代表と丸ちゃん、
稽古してます。
真剣です。

このところ、丸ちゃんの風景登場率がかなり高いです。
毎週登場してますね。
先輩である代表の胸をどーんと借りて、稽古しています。

8月19日写真

明るく優しく丸ちゃんを導くはずの代表。
・・・この写真、おかしいですね。
足元がおかしいですね。
踏まれてますね。

丸ちゃんが泣いているのはヤラセとしても、女優陣の丸ちゃんへの可愛がりが始まったのは否めない感がある今日この頃。
猿面の可愛がりにすっかり慣れてしまった野上より、丸ちゃんの方が初々しいのは確かですが。

そんな丸ちゃんも、劇団員のみんなも登場する、
宣伝動画「第2弾」を本日公開しました!!
第1弾とは違う切り口でつくった宣伝動画です。
最新情報ページで再生できますので、是非ご覧ください!


8月12日

「チェリーの事情 Part2」の公演日程が決まりました!!
  11月10日(土)・11日(日) の二日間です。

8月12日写真

今年も、代表→ショーコ→シズカさんの順に、劇場となる南部青少年センターの開館時間に合わせて日参しました。
毎度のことながら、予約前に異常に緊張する代表は、一週間も前から鼻息は荒く、指先は冷たく・・・。
あきれた周囲から
「そんなに心配なら、前日から入口の前に徹夜で並べば?」
と言われる始末。

8月12日写真

幸い大きなトラブルもなく無事に予約ができ、ホッと胸をなでおろした一同。
センター職員の方々に「Part2、楽しみにしてるよ」と温かい声をかけていただきました。

大役(?)を果たした三人、お疲れ様でした。

いよいよ残すところ三ヶ月をきった稽古期間に、毎週登場の丸ちゃんも気合いが入ります。


8月5日

8月5日写真

シズカさんのお誕生日だったこの日の風景は、先週から二週連続で登場の丸ちゃんと、猿面のスタッフとして欠かせないNanaさんの2ショットです。

前回公演までは、照明担当だった丸ちゃん。
すでにご承知の通り、今度の公演では役者デビューです。
「せっかく照明として育てたのに・・・」と、少し残念がっている照明リーダーのシズカさん。
シズカさんが飴(?)とムチで育てた丸ちゃんは、貴重な男性俳優として演出家がさらっていきました。

「照明係がいなくなっちゃった」猿面を救ってくれるのが、Nanaさんです。
これまで受付嬢として活躍してくれたNanaさんが、今回照明を引き受けてくれました。
この日は、稽古に初参加。通し稽古を見学し、Part2の全貌を知りました。
そして稽古でヘトヘト(にされている)丸ちゃんと照明の新旧交替のご挨拶。
Nanaさんは猿面で最年少です。記憶力、反射神経ともに絶好調の若さ。
大人ゆえに、このところ記憶が曖昧になりがちな人もいる現メンバーをきっと助けてくれることでしょう。


7月29日

7月29日写真

この日も酷暑の中、稽古に励む猿面一同。
今回、初めて俳優として舞台に立つ丸ちゃんを囲む先輩女優の二人。
丸ちゃんに笑顔でプレッシャーを掛けています。
役者初体験だろうが、なんだろうが、容赦はありません。

女優陣に尻を叩かれる試練の日々が続いている丸ちゃんです。
「こうなると、僕が一番優しいんじゃないですかね」
と、言う演出。
「優しいのがむしろ怖いんじゃないですか」と言う代表。
そして、猿面に入るだけあって実は芝居好きの丸ちゃん。
しごかれても、嫌がることはありません。野上といい勝負の「M」誕生か?


7月22日

前回公演に引き続き衣装が大量の役者たち。
終了時間ギリギリまで稽古していると、衣装をきれいに片付けるのが大変になります。

7月22日写真

衣装のほかにもカツラや靴も持ってこなくてはならない野上くん。カバンに収まるレベルの量ではなくなっています。
意外と神経質な彼は、衣装をグチャグチャに詰め込むのを嫌います。しかも面倒臭がりなので、家に帰ってグチャグチャの衣装を畳みなおすのもイヤみたいです。

そんな彼が今回衣装を運ぶのに使用しているのはフトン袋です。
「これならギュウギュウ詰めにならないし、家での保管にも手間がかからないゾ」と閃いたそうです。
サイズがデカ過ぎか?な気もしているらしいですが、「持ち手も付いてて便利」と、愛用しています。

このフトン袋、ご覧の通りシズカさんを余裕で入れられるサイズです。


7月15日

7月15日写真

今週も代表ネタになってしまいました。
先週の風景でも取り上げられた代表の今回の衣装。
風景でも煽られ焦ったのか、この日やっと演出家の確認を取りました。

シーンごとの衣装に次々に着替える代表。
まだ通し稽古前なのに、着替えているだけで汗だくになっている代表。

「着てみただけなのに、もう洗濯しなくちゃ」と言うほど、汗だくでした。

この日、キツくて入らない衣装はありませんでした。
と、いうことは「痩せないと着られない服」は、衣装から外したんですね。

先週の固い誓いは、早くも消滅したのでしょうか。


7月8日

固い誓い?

7月8日写真

稽古帰り。固い握手を交わす代表と丸ちゃん。

この日二人は、ある目標を果たすことを誓い合いました。
そろそろ本番用の衣装をつけての稽古が始まっています。
シズカさんと野上は、各々の衣装を着て稽古しています。

が、

代表はいまだに稽古着のままです。
全部の衣装の確認もまだ済んでいません。
「どうしたんですか。」と演出しのだに訊かれた代表。

「痩せないと着られない衣装があるんです。」
え〜?となる一同。もちろん衣装に合わせて代表が痩せられるとは、誰も思っていません。

しのだは、そんな危ない橋を渡らず、現時点で着用可能な衣装をさっさと提出してほしいらしいですが、代表本人は痩せると確信しているようです。ある意味羨ましい性格です。
丸ちゃんはこの日、野上にあることを指摘され、代表と似たような目標を立てましたが、富士の高嶺ほどの代表の目標に比べれば、可愛いもんです。


7月1日

新たな登場人物

7月1日写真

宣伝動画でも既に登場していますが、Part2では新たな人物が登場します。
Part1は役者三人きりでしたが、今回は違います。

しかしながら、いつもどおり演出家からの規制があるため、残念ながら詳しいことは載せられません。

代表の背後で笑顔のショーコも今回はチェリー初参戦です。
    7月1日写真
どういう役どころかはお伝えできませんが、この物語に出てくるという事は、当然重要な鍵を握ってます。
ショーコの活躍ぶりは、公演をご覧頂くと明らかになります。

そして、もう一人。新たな人物を演じる期待の新人。
すっかり劇団員として取り込まれた、もとい定着した丸ちゃんです。

なんと!今回役者として初出演の丸ちゃん。
猿面のベテラン達に取り囲まれて日々奮闘中です。
丸ちゃんの役どころもかなり重要です。
前回のチェリーをご覧になった方は、色々想像してみてください。

「ばんばれ、丸ちゃん!」「負けるな、丸ちゃん!」
彼の稽古中は、温かい声援が飛んでいます。
しかし、そんな温かい声援はいつまでも続かないのが猿面です。
新人だろうと容赦のない演出。
やがて厳しい荒波が彼を襲うかもしれません。

丸ちゃんの運命や如何に。


6月24日

宣伝動画撮影風景

今回は、先週公開しました「チェリーの事情Part2」宣伝動画の撮影の様子をお届けします。
劇団の動画はこれで3本目です。役者、スタッフ共だいぶ勝手がわかってきました。
監督しのだのプラン通りの映像を撮るため、早い時期から市内各所でチョコチョコ撮影してきました。

6月24日写真

シズカさんのこのシーン。
動画ではほんの一瞬しか流れませんが、実際は1分間撮影していました。
しのだの要請により、芝居本編の台詞で本気の芝居をしたシズカさんでした。

6月24日写真「芝崎静夏」
常日頃から演出家に忠実なシズカさん。
こちらのシーンは、「今日、撮ります」と事前の予告なく指示され、突如撮影開始となりました。
「え〜?今日なの〜?今なの〜?」と言いながらも、ちゃんとスイッチが入ります。

  ラスト映像となっているキーコ(シズカさん)と虎之助(野上)のベッドでのシーン。
  アングルを検討するため、シズカさんの代わりに代表が動きをテストしました。

6月24日写真「田中綾子」

しのだ : 「まず、手を肩において、」
代 表 : (言うとおりにする)
しのだ : 「ここでカメラが寄りますから、(ズームイン)・・・はい、ここで、」
代 表 : (無言のまま、カメラ目線でこのプチ笑顔)

しのだ : 「う。いや、・・・ここで台詞なんだけど。」

6月24日写真

求められてもいないのに、お茶目な笑顔を振りまいてしまった代表。

そんな代表の「驚愕する顔」がこちら。
顔が濃いだけなのか、芝居がコッテリしてるのか。
(一部団員からの評価は後者)
なぜお姉ちゃん(千鶴)が驚愕しているのか。
それは、公演を観て頂けると明らかになります。

6月24日写真

虎之助、キーコ、千鶴の笑顔を撮りたかったこのシーン。
野上の笑顔は、「甘いもの食わせておけ」ばいいだろうと言う事で、フルーツゼリーを与えて撮りました。

6月24日写真「野上竜司」

そんな野上の、もはや恒例となってしまったこの姿。
今回はただ女装するだけではなく、「色っぽい顔しろ」と要求されていました。

「色っぽい顔するところを女優たちに見られたくない」
という男一匹野上竜司。
なので、女装シーンの撮影は秘密裏に行なわれました。
自意識を捨て、人生初のツケまつ毛にも挑戦し、撮影は無事に終了。
野上は撮った写真を見て、「微妙な自己嫌悪に陥る」と呟いていました。

以上、チェリーのレギュラーメンバーの撮影風景でした。「新たな人物」たちについてはまた後日。


6月17日

宣伝動画 公開

一部方面から、催促の嵐(?)だったPart2の宣伝動画。本日公開しました!
最新情報ページで再生できますので、是非ご覧ください!

6月17日写真

と、いうことで本日の稽古前に劇団員も視聴しました。
自らが出演した動画、どんな感想だったのでしょう。

動画のほかにも、公演チラシの原稿を見せてもらった一同。
今回のチラシには、当ホームページのQRコードを載せています。
ちゃんと読み込めるか、みんなで確認中。
団員の携帯電話会社はバラバラですが、どの携帯でも読み込みが無事にできました。
読めた、読めた。と盛り上がる一同。(基本、アナログな人々なので)

6月17日写真

が、そんな中、こんな渋い顔になっている人が約一名。
かなりオッサンっぽくなって携帯をかざす野上。
ヤツの携帯電話はまるで新品のように使われた形跡のない携帯ですが、
かなり古い機種なのでなかなか上手く読み込みができません。
最終的にはできましたが、彼がこの機能を使うことは今後ないでしょう。

さて、今まで以上に宣伝活動に力を入れている今回の公演。
今後もしつこい宣伝が続きます。稽古風景共々、どうぞお付き合いください。


6月10日

6月10日写真

稽古におやつを持参することの多い野上。大抵甘いものを持ってきます。
この日もバカデカいクッキーを持参。

野 上 「食べたいですか?」
と、代表に見せびらかしたが、
代 表 「いらないわよッ!そんなの。」
『あたしを太らせる気か!』とばかりに拒否する代表。

しかし、その舌の根も乾かないうちに、
「あ。やだ。お腹が鳴っちゃった〜」と言い出す代表。
「やっぱり食べたいんじゃん」結局クッキーの一部を奪われる野上。
そしてそれを貰い、満面の笑顔の代表。
「思ったより、おいしいね〜これ、」なんて言いながら平らげるのでした。

こんな呑気な風景の後、ヘビーな稽古が開始されました。
演出のしごき(?)に、食べたクッキー分は消費したであろう代表でした。


6月3日

撮影日

この日は、撮影の為、昼過ぎに市内某所に集合した猿面。
前日までの天気予報は雨でした。
雨が降ることを異常なほど心配していた代表から、雨具の用意をするよう団員一同に指示が出ていました。

しかし予報とは異なり、晴天に恵まれました。
しのだの念力がシズカさんの雨女妖力に勝ったのか?はたまた劇団内の晴れ男・晴れ女が増えたのか?
雨傘は一変、日傘として活躍。

日焼けすることを恐れている女性陣は、撮影の合間こんな感じでした。

特に代表とシズカさんの日焼け対策はかなりのものらしいです。
クソ熱い真夏でも長袖を着用するなど、相当な努力を数年前から積み重ねています。

6月3日写真

それほど二人が日焼けを恐れるのは何故か。
原因はこの人。色白の野上です。
今回の撮影でも、自然光で撮ったらこんな感じになってしまった男。
(処理に困ります)

これまでコレと競演してきた代表とシズカさん。彼と並ぶことを考えると日焼けは避けるべき、と暑さを我慢し苦心しているそうです。

前回公演でのダンスの衣装合わせの際、
「お腹の白さは、どうにもできないわ」と腹白い(?)野上と見比べて呟いたシズカさん。
その際、野上は、「やーい。ジグロ」と言ったそうです。
シズカさんはもちろん執念深くそれを恨んでいる模様。

「あんたのおかげで、こっちがどれだけ苦労してると思ってんのよ!」

日差しや蚊と闘いながら、この日の撮影は無事終了。予定を全て消化し、夕方からは稽古へ突入。お疲れ様の一日でした。


5月27日

5月27日写真

5月から宣伝動画の撮影やチラシ用の写真撮影などが始まっています。
天気次第ですが、来週も撮影の予定があります。そこで今日は、その際の衣装の打ち合わせも行なわれました。

よかれと思い持参した衣装に、演出家から即刻NGが出てしまった代表。(地味過ぎて却下)
「なんなら、私の洋服貸しましょうか?それらしいのありますよ。」
と希美ちゃん。
「入らないわよ〜」
と代表。そして、希美ちゃんを背後からタッチして体格差を確認。
「無理よ、やっぱり」と代表。
「大丈夫ですよ」と希美ちゃん。

入る入らないの問答を続ける二人にしのだが一言。「無理だからいいです。貸さなくて」
乙女心に容赦ない客観的意見。希美ちゃんの服は代表には入らないということでこの話は終了。
「代表、育ちましたか?」と、画像関係担当の筆者もデータが届く度に感じてますが、気のせいでしょうか。
代表が演じるお姉ちゃん役はポッチャリOKなので、痩せる必要はないのですが…(太っていいとも言われていないはず)

そんなことはさておき、「チェリーの事情Part2」宣伝動画は完成間近です。公開までもう少々お待ちください。


5月20日

5月20日写真

稽古場の公民館、指差している裏側からピヨピヨという声が。

「なんですか?」と、この日遅れて到着した野上。
「スズメのヒナがいるの〜」
と、満面の笑みで答える代表。
そんなにスズメ好きとは知りませんでしたが、かなり喜んでいました。
日があるうちは、ピヨピヨ鳴いていましたが、日が暮れると静かになりました。

「寝ちゃったんだね」
と、また嬉しげな代表。温度差のある喜び方に若干引き気味の団員一同。
「どうしてこんなに喜んじゃってるんだろう?」
団員たちの疑問をよそに、ごきげんだった代表でした。


5月13日

5月13日写真

「どうしたの、それ」

首に傷を作ってきた野上。
それを見つけた丸ちゃん。

いい大人がどうして、首筋に傷など作ってきたのか。
「キスマークだったらいいんですけど。」と、野上。
「そんな痛そうな傷になるほどのキスマーク付けるって、どんな相手よ」と、女優陣からは総ツッコミ。
そもそも現在浮いた話も一切ない清らかな(?)野上にキスマークなどあり得ない話。

傷は火傷です。先日、Part2宣伝動画用の撮影を行なった際、ライティングに使用した照明器具にうっかり接触したそうです。
なんで首?ではありますが。
本人曰く、「”ジュッ”ってなった」とのこと。こんな野上の粗忽な失敗もありながらも着々と撮影は進んでおります。


5月6日

丸ちゃんの重責

5月6日写真

たとえゴールデンウィーク最終日だろうと、いつもと変わりなく稽古していた猿面。
今回の風景は稽古終了後の丸ちゃんです。

スタッフとして参加して数年、猿面の術中にはまり、劇団員になっちゃった丸ちゃんですが、今回の公演でも大変重要な役割で公演に参加します。

どんな役割なのかは、もう少しナイショにさせていただきますが、丸ちゃんはがんばっています。

そんな丸ちゃんに破格に優しい先輩団員(女優)たち。野上君の入団当初とは雲泥の差らしいです。


4月29日

4月29日写真

この日は抜き稽古に励んだ猿面。
調子が出てきた頃、『カタカタ…』と扉の鳴る音が。
「地震?」
誰からともなく芝居を止めて様子をみていたところ、メンバーそれぞれの携帯から、緊急地震速報がけたたましく鳴り出しました。
「あら、大きくなるの!?」
と慌てず騒がず、各々扉を開けたり、情報を確認したり。
幸いさほど大きな揺れにはならず、ホッとして見ると、代表がこうなっていました。
意味がわかりません。
いったい何をおさえているのでしょうか?
挙げ句のはてに言ったセリフが、
「あんまりわからなかったね、全然気が付かなかった。」
もの凄い集中力なのか?それとも…
「鈍感過ぎ!」
と、シズカさんに一刀両断されていました。


4月22日

稽古風景番外編

4月16日写真

16日夜も更けた頃、市内某所。
先生をお迎えし、こんなことをしていました。
今度のチェリー用の〇〇を〇〇しているところです。

シズカさんはこんな感じで活躍。

4月16日写真

なんの作業かは、いつものごとく本番をお楽しみに。


4月15日

4月15日写真

ショーコの稽古風景

ショーコです。
全国の花粉症のみなさ〜ん、お元気ですか?
今年は花粉症人にとって最大の敵、スギ花粉の飛散期間が短く、よかったですね。
そのおかげで、ワタシも箱ティッシュじゃなくて、ポケットティッシュで済みました。
花粉症じゃない人々がへっちゃらなご様子の中、自称「花粉症じゃない」男、のがみくんはタラリタラリしてくるハナを必死にすすっていました。
シズカさんもなぜだかハナをタラリ。
代表は、某劇団員宛てにソフトな文面で連絡メールを送るつもりが ハードな文面で送ってしまい、冷や汗タラリ。


4月8日

劇団員による稽古風景。今回は、シズカさんの担当です。

4月8日写真

「チェリーの事情 Part2」の稽古も着々と進んでいる中、ダンスの新しい振り付けがほぼかたまりました。
稽古に参加している劇団員全員が、ダンスの練習にも参加。振り付けをマスターしようと奮闘しています。

本番の時にはいったい誰が、どのシーンでこのダンスを皆様にご披露することになるのか?
虎之介&キーコなのか?
意表をついて代表のお姉ちゃんのソロか!?
はたまた猿面初!群舞なのか?
答えは本番でのお楽しみです。


4月1日

今回の稽古風景は私代表です。
前回野上くんが担当していたので、もしやと思っていたら、まんまと指名されてしましました。

さて、本題です。
今日は通し稽古でした。 途中、野上くんが衣装を着替えたりして、いろんな確認をしてました。
とりあえず大丈夫そうだとわかり、一安心。

そして、バタバタと片付けをしていた時のこと、野上くんが誰かの忘れ物に気が付きました。
『これ誰の〜?』
『私の』とシズカさん。

4月1日写真

ちょっと離れた所から放ろうとする野上くん、
受け取ろうと手を伸ばし構えるシズカさん。

・・・んっ!?飛んで来ません。

また放る…と思いきや、小道具はまだ野上くんの手に。

4月1日写真

衣装の事で安心したのか、イタズラ心が働いたようです。

     4月1日写真

『も〜』となるシズカさん相手に、かなり楽しそうにしてました。


3月25日

今回の風景は、野上君が担当します。

3月25日写真

こんばんは。野上です。
本日は頭からラストシーンまでの通し稽古でした。
芝居の中盤、代表の中のどこの回路に支障が生じたのか不明ですが、言うべき台詞が出てきませんでした。
結構大事な台詞です。しかもそこまでいい感じに盛り上がっていたシーンです。
代表もそれを重々承知していたようで、「何か言わなきゃ!」と思ったらしいです。
で、また宇宙語を話してました。(なんかムニャムニャ言ってた。表現できない言葉)
代表の宇宙語が出てしまったので、当然みんな大爆笑になり中断。
「ごめんなさい!ごめん!ごめんねえ!!」
と叫びながら僕を押し倒す代表。・・・なんなんですか。言葉と裏腹なこの仕打ちは。


3月18日

3月18日写真

最近、通し稽古が続いていましたが、この日は久々にシーンごとの抜き稽古でした。

演出からの集中砲火を浴びた代表とシズカさん。この時期にしては重たいダメ出しが相次ぎました。

稽古が濃いので、またもや稽古風景を撮りそこなった野上。
なんとかネタを探しましたが、

「今、そんな気持ちの余裕はない!」と、シズカさんに嫌がられ、片づけ中の様子を撮るしかなかったとのことです。

二人とも演出の細かい要求に苦悩しながらも、実はその苦労でやる気に火がつく猿面気質。これまで演出家に叩かれて続けてきただけのことはあります。 Part2のチェリーでは、どんなキーコさんとお姉ちゃんになるのでしょう。


3月11日

3月11日写真

毎回スタッフとして活躍してくれているNanaさんから手作りクッキーをいただきました。
稽古着に着替える前に早速食付く代表とショーコ。Nanaさん、野上くんには袋入りでプレゼント。テンションの上がる甘党な猿面。

3月11日写真

そして、更に甘いものが登場。野上からショーコとシズカさんにバレンタインのお返しが。
「こんなお返しもらほど、あげてないのに〜」
と一応恐縮する先輩女優の二人。
自らの甘党は棚に上げ、女性を甘いもので黙らせようとしている野上でした。

と、甘いものに恵まれたこの日でしたが、稽古はそう甘くもなかったようです。


3月4日

掲示板でお知らせしましたとおり、今週は珍しく稽古がお休みでした。そこで、今回は番外編をお届けします。

色んな意味で謎の多い劇団猿面。
演出家を筆頭に、公演に向けて日々水面下の活動を続けています。
(猿面は健全な劇団です。危ない集団ではありません。)
そこで、今回のキャスト陣について劇団内で囁かれている疑惑の数々を集めてみました。

3月4日田中綾子写真

疑惑1 代表の腹黒説

いつも明るく元気よく、みんなをまとめる我等が代表。
初対面の人とも屈託なく打ち解けることができるという優れた能力を持っています。
しかし、一部から「もしかしたら本当は腹黒なのでは?」
という疑惑が浮上しているようです。
その根拠の一部には、返事はいいが実は人の話を聞いていないのでは?という場面や、本番中で予想以上にパワーアップする顔芸、女帝的行動などが挙げられています。

3月4日芝崎静夏写真

疑惑2 シズカさんは常に子供服?

スモール、スモールと言われ続けているシズカさんは、身体はちっちゃいながらも劇団内での存在感は多大な人物です。
私服に関して、「これ、子供服なの。」と自白することもありますが、実は全部子供服でまかなっているのでは?
ゲキリンに触れてしまう恐ろしさから、演出家さえも直接聞けない疑惑です。

3月4日野上竜司写真

疑惑3 野上の就寝時に関する疑惑

希美ちゃんに「ホントに彼女いないんですか?」と突っ込まれていた野上。彼はここ数年間「募集中」状態です。
しかし、最近は何かが寝床で野上を待っているらしいという情報が。
本当に彼女はいないので、人間ではありません。
一体何と寝ているのか。本人からのヒントは「冬はいいけどね」です。

以上、数ある疑惑の一部をご紹介しました。来週は通常通りの稽古風景をお届けします。


2月26日

2月26日写真

希美ちゃんの台本に付けられている大量の付箋紙。
何を示す付箋紙なのか。気になるメンバー達。しかし、それを訊ねてもオトボケ顔でごまかす希美ちゃん。結局何印なのかわかりませんでした。

色んな意味で貪欲な新人団員の希美ちゃん。そして、また道連れにされて写真を撮られてしまったシズカさん。
シズカさんはこの日、演出からのヘビーなダメ出しに吐き気をもよおすほどだったとか。一体どれほど恐ろしいダメ出しなんでしょう。
「気持ち悪い」を連発しながらシズカさんは稽古場を後にしましたとさ。

追記・外出先から稽古場に直行した野上くんは、シズカさんの車で送ってもらったそうですが、運転はかなり荒かったとの報告でした。団員の皆さん、稽古で何があっても運転中は平常心でお願いします。


2月19日

2月19日写真

集合直後の着替えの段階からハイテンションだった代表。
話しながら掃除用具入れのロッカーに激突するほどのテンション。
シズカさんに、「付いていけそうにない」と呆れられるテンション。
しのだに、「無駄遣いしないでください」とお願いされるテンション。
この日の稽古も、まずは"代表劇場"の開幕と共に開始されました。

そして稽古の帰り際、「希望者にはダメ出しします。」と言う演出のしのだ。
(希望しない場合はどういうことになるのでしょう?)
ダメ出しされている真剣な代表。真剣なので、顔の濃さが増しています。


2月12日

バレンタインチョコ

2月12日写真

毎年恒例のバレンタインデー。
稽古日が日曜なので、今年は貰えないと諦めていた野上にチョコが!
今年も義理以外の何ものでもないチョコのお恵みがありました。

ショーコからは、今年も手作りのチョコケーキ。
そして今年はなんと、あのシズカさんからもチョコが!
いかにも不本意な表情でチョコをあげるシズカさん。(ホントはあげたくないのか?)

あのシズカさんからチョコをもらい、果たして素直に喜んでいいのか悩む野上。
シズカさんからのチョコの包みにはハクション大魔王のシールが貼られていました。
そのシールには、「おだいじに」の文字が・・・
一体何を「お大事に」なのか?
「何か盛られているのでは?」と、おびえる野上でした。


2月5日

またフトン?

2月5日写真

今度の芝居も猿面恒例のフトンが登場です。
どんなフトンかは別として、なにせフトンが登場します。
当劇団では、他の大道具はさておき、色んな意味でフトンは重要視される傾向にあります。
ということで、この日は仮の敷布団をシズカさんが持参。
役者さんたちは、実物があったほうが位置取りがしやすいようです。
(実物がないと、毎回違う所に寝転んでしまう人が約一名。恐らくシズカさんはそれに翻弄されたくない。)

そして、敷布団があるということは、当然掛け布団も登場します。
今は手荷物の少ない団員たちも、次第に荷物が膨れ上がっていくことが予想されます。


1月29日

このところ時間ぎりぎりまでの稽古が続いております。

1月29日写真

なので、ゆっくり風景を撮る間もありません。
「とりあえず、なんか撮っとけ」と、帰り際に野上くんが撮ったのがこの写真です。
かなり冷え込んだ本日。みんなの上着もダウン率が高いです。

さて、今日の稽古での出来事。
通し稽古の最中、出番にも関わらず立ち上がれなくなってしまった代表。

なぜかといえば、足が痺れていたから。
直前のシズカさんと野上のシーンを正座して見ていた代表。
見るのに夢中になっていて足の痺れに気が付かなかったらしいです。
仲間の芝居を一所懸命見るのは良いことです。しかし、立てなくなるほど見入っているのはどうなんでしょう。

悶える代表を見かね、「じゃあ、次のシーンはやめときましょうか」と、諦めかける演出しのだ。
「やります!」と、根性を見せる代表。あしたのジョーばりに這い上がり、芝居を続けたそうです。


1月22日

1月22日写真

ゴールドに輝くサンダル。
野上が今回の女装シーンで履く予定のものです。

すべてにおいて前回公演を上回ろうとする演出から、オカマ衣装の華やかさ(キワドさ?)も増強するよう指示が出ています。
仕事に忠実な野上は、社交ダンス好きの知り合いのオバチャンから譲ってもらったり、顔を見られる心配のないネットショッピングで購入するなどし、オカマ用の衣装を揃えたらしいです。

しかし、それらはどんな衣装なのか。共演者もまだ目にしていません。
着るのに抵抗があるほどスゴイ衣装なのか、それともこの寒い時期に着たくないだけなのか。

ちなみにオカマ以外の衣装はまだ検討中のようです。代表、シズカさんの衣装も考え中の段階です。
それぞれどんな装いとなるか、衣装の数が前回公演を上回ることになるのか。判明するのはもうしばらく先になりそうです。


1月15日

1月15日写真

今回の公演で使用する音楽の稽古用CDが出来上がりました。
これで稽古も音響入りで行なうことが出来るようになりました。

そこで、CDを手にした笑顔のシズカさんを写真に撮ろうとしたそうですが・・・その横で、もがきながら着替えている代表。その有様を見てこの表情になってしまったシズカさん。
説明するまでもありませんが、「何してんの。この人。」という顔です。

今回のチェリーもさまざまな音楽が使用されます。
前回同様、歌ありダンスあり、その他の仕掛けもあれこれ増えているらしいです。


1月8日

女帝健在

本日、稽古初めでした。
演出は所用でお休みでしたが、役者三人には、おしまいまでセリフを入れてくるように、との宿題をちゃっかり出して行きました。

1月8日写真

次週会った暁には、
「休みの間に当然入れてますよね」
と言われるのは目に見えています。

〇〇の居ぬ間にセリフの合わせを!と一人焦る代表。
シズカさんとセリフ合わせを始めましたが、当然のように自分のシーンのみを
ピックアップ。

「私だってまだ完ぺきじゃないのに〜」
とシズカさんの抗議はスルーされ、
「いいのよ。とりあえずここはとばして・・・次、ここ。」
・・・なんとマイペース。
2012年、新春。今年も女帝は健在のようです。

てな訳で、恒例の代表ネタで始まった今年の稽古風景。2012年も劇団共々よろしくお願い致します。


12月25日

2011年最後の稽古風景です。
世間様がクリスマスでも猿面は稽古をしていました。
なんと言ってもクリスマスですから家族サービスの為、欠席のメンバーもいましたが、代表・シズカさん・野上はいつも通り出席。

そして、本日の稽古でまだ最後まで台詞を覚えていないことが判明した代表。
芝居の後半に突入するや台本を手にした代表に、ブーイングするシズカさんと野上。

12月25日写真

シズカ : 前回覚えてきた所からたいして進んでないじゃないの
野 上 : そうだ、そうだ
代 表 : そんなことないよ!進んでるって!
シズカ : 前回はこのシーンまでやったのよ、何ページも進んでないじゃない。しかも、ここら辺は代表の台詞殆どないでしょ、
野 上 : そうだ、そうだ
代 表 : 違うって!前回はここまで覚えたんだから・・・あれ?前回どこまで覚えたんだっけ?あれぇ???

それすら覚えていない代表。正月は餅ばっかり食べてる場合じゃなさそうです。
「年が明けたら通し稽古ですから」と、演出から釘を刺されて稽古は終了となりました。
とは言え、代表の台詞の入りは、いつもよりはかなり早いペースです。

12月18日写真

シズカさんは順調に台詞を入れてきているものの、自分が台詞に詰まるとその不甲斐なさを悔やみ、舌打ちに加え「チクショウ」と呟き、共演者をビビらせています。

12月18日写真

台詞覚えに苦労しない野上。
今回も寝ているシーン多数。
「こいつ、いつも寝てる」
と自他共に認めています。

ともあれ、それぞれPart2の公演に向けて並々ならぬ意気込みであることは間違いありません。

2012年は8日から稽古開始です。
今年一年ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。


12月18日

お知らせ・・ 最新情報にも載せましたが、前回公演のメイキングらしき動画を公開しました!
          是非ご覧ください!動画の再生は、最新情報からどうぞ。

12月18日写真

師走真っ只中のせいなのか、出席者の少なかった本日。
役者三人と演出家のみの稽古でした。

カーテンコールの演出をするのが大好きなしのだ。
まだ稽古が始まったばかりなのに、既にPart2のカーテンコールを考えているらしいです。
もうか、もうなのか。
仕事が早いのか、せっかちなのか。

当初は「Part2のカーテンコールはアッサリで行くか。」と考えていたようなのですが、一部方面から「いつも通りの楽しいカーテンコールを期待されているのでは、」と聞き、思いなおしたらしいです。

てなわけで、「ちょっと前回のやってみてください」と役者たちに要求。
前回のような一発芸披露はないものの、Part2に相応しい演出をあれこれ考え始めています。


12月11日

お座敷稽古

12月11日写真

まるで旅館にいるかのような猿面。
いつもの高浜公民館での稽古でしたが、この日は和室を借りました。

立ち稽古は全体のほぼ半分まで進み、順調な滑り出しです。
台詞覚えが怪しい人も若干いましたが、年明けには通し稽古に入るため、それまでに全部の台詞を覚えて来なければなりません。

年内の稽古は25日まで。今年中に最後までたどり着けるのか。
代表は、台詞覚えが悪いと言う汚名を返上するため、書いて覚えているらしいです。
「書いただけで覚えた気になってるんじゃないの?」
と、疑惑を抱く団員一同。鼻の穴を広げて否定する代表。

代表の努力が実ることを祈ります。


12月4日

スゴ過ぎる代表

12月4日写真

代表が着替えている所です。
この人が劇団の代表です。嘆かわしいやら、頼もしいやら。

この姿に全員が腹を抱えて笑いました。
野上君は笑いすぎて手が震え、なかなかシャッターを切ることが出来なかったそうです。

「早くしてよ!」と、文句を言いつつ、この状態でまばたきする代表。
はみ出した髪の毛がシュールです。

こんなアホなことで、遊んでばかりのわけではなく、稽古は真面目にしていました。
今日は台本を離し、全体の三分の一までを立ち稽古。
演出家は稽古2回目にして役者を煽っています。役者(特に代表)の台詞覚えは過去最速となるのでしょうか。


11月27日

再演から2週間、早くも「チェリーの事情Part2」の稽古が始まりました!
年々オフの期間が減っている猿面の稽古。もう殆ど一年中稽古です。
しかもチェリーは連続公演。 再演をご覧になってPart2が楽しみと言ってくださった皆さまを裏切るわけには行きません。
(再演のアンケートでは、このご感想を数多く頂戴しました!ありがとうございます!!)
ボケボケ休んでいる場合じゃない。ということで、例年なら公演後は雲隠れする演出家も稽古初日から参加。

11月27日写真

この日は劇団員にPart2の脚本が配布されました。
虎之助、キーコ、お姉ちゃんのその後を知った劇団員たち。
「こりゃー、大変だ」と盛り上がったホン読みでした。
どうなっちゃってるんでしょう。

11月27日写真

今回の稽古風景も長くなりますが、どうぞお付き合いください!


↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system